carmode クルマ関連ニュースがリニューアルしました!
今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2008年01月24日

首都高、山手トンネル開通で渋滞緩和

首都高速道路は23日、昨年12月22日に開通した山手トンネルの利用状況を発表した。

これによると、開通後1ヶ月間の交通量は平日・休日ともに1日平均約3万台。また、1月8日〜11日および15日〜18日の8日間の渋滞状況を見ると、東京線の朝ピーク時(11時)の総渋滞長は、開通前(前年同週同曜日)の約40〜68kmから約23〜40kmとなった。

また、中央自動車道から常磐自動車道への所要時間(朝ピーク時)は、開通前の都心環状線を利用するルートで約55〜80分であったのが、山手トンネルを利用するルートでは約40〜55分。

高井戸から霞が関の所要時間(朝ピーク時)は、開通前約20〜45分から約20〜25分に短縮された。

なお、首都高では、今回のデータは正月明けの交通量が少ない状況における限られたもので、今後引き続きデータの集積・分析を行い、公表していくとしている。
posted by Carmode at 13:05 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。