carmode クルマ関連ニュースがリニューアルしました!
今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2007年09月14日

団塊の世代にはハーレーが人気?

退職金で懐に余裕があり、時間も多く持っている。自動車業界に限らず退職した団塊の世代の人々に支持される商品を開発するかは、大きな命題となっています。そんな中、好調に売り上げを伸ばしているのがハーレーダビッドソン。国内2輪市場は、いくらビッグスクーターが売れているとはいえ縮小傾向。それにも関わらず、ハーレーは22年間連続で日本国内の売り上げを伸ばしています。

売り上げ好調理由は、やはり退職した世代。2年前までは4割ほどだった40代以上の割合が、昨年は5割へと上昇。今年はさらに上がるのではと見られています。ではなぜハーレーが売れるのか。それはやはり「憧れ・趣味性・手の出る価格」にあるかと思います。団塊の世代の人々で、ハーレーに憧れた人は多いと聞く。そして、今や子供なども独立し、趣味性の高い2輪を持っても大きな問題はない。さらに、2輪としてみれば高い価格も、絶対的に見れば乗用車ほどの価格ですから、手の出ない値段ではない。こうしたことが、ハーレーの売り上げ増を伸ばしているのではないでしょうか。

団塊の世代をターゲットにした商品は様々ありますが、こと自動車となると、なかなか難しい。今後クルマもどういったものが売れていくかは見ものです。最近ではフランクフルトショーでマツダのアテンザが発表され、また三菱のギャランも注目されている。趣味性を求めるとなると、輸入車でしかもクーペといったものが売れるかもしれない。いやいや、孫を乗せることを考えると、まだまだミニバンも健在か? いずれにしろ、団塊の世代にどういったクルマが売れていくかは、しばらく要注目であります。 (新美)
posted by Carmode at 18:27 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。