carmode クルマ関連ニュースがリニューアルしました!
今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2007年07月25日

ホンダF1、来季のドライバーラインナップを発表

今季不振を極めるホンダF1チームが、2008年シーズンのドライバーラインナップを発表しました。来季のドライバーは今季と同じく、ジェンソン・バトン選手とルーベンス・バリチェロ選手。3シーズン連続の同じラインナップです。ちなみにバトン選手は6シーズン目、バリチェロ選手は3シーズン目ということになる。

両ドライバーはそれぞれコメントを発表しており、バトン選手は「シーズン真っただ中ではあるが、2008年もルーベンスとチームメートとして戦えることをとてもうれしく思う。確かに、今年前半についてはフラストレーションが残るが、ここ数戦でマシンは改善され、新たな一歩を踏み出したといえる。まだ、戦闘力のあるマシンとはいえないが、ここ数戦での進化は優秀なスタッフの努力により成し得たし、胸を張れる唯一のチームであることは言うまでもない。どのチームも、いいときと悪いときがあるが、厳しい状況からはもう抜け出した。今年はもちろん、来年のパフォーマンスにも期待したい」。

バリチェロ選手は「2008年シーズンもHondaでドライブできることをとてもうれしく思う。2006年からこのチームの一員になり、長いスパンでチームといい関係を築き、チームとの結束がより強くなるようにいつも努めてきた。2007年は厳しい状況ではあるが、再びいい方向に突き進んでいると思う。それから、新しい人材が加わることで、今後さらなる進化も期待できる。ジェンソンと僕は、チームメートとして、いい関係を築いてきた。僕たちの絆は、2008年をエキサイティングなシーズンにする上でキーとなるだろう。ひとまず今は、残り8レースに集中したい」としています。

チームの不振がドライバーの責任として問われることも少なくないけれど、ホンダは今季の不振をマシンに大きな原因があり、ドライバーは現在の2人でいくという結論を出した。これが来季どんな結果を生み出すのか。バトン選手はハミルトン選手やロズベルグ選手に代表される若手より経験豊富。一方のバリチェロ選手はもうベテラン。なかなかいいコンビだと思います。 (新美)

http://www.honda.co.jp/F1/news2007/16/
posted by Carmode at 08:37 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。