carmode クルマ関連ニュースがリニューアルしました!
今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2009年12月25日

豊田自動織機、PHV・EV用ソーラー充電ステーションを開発

豊田自動織機は、太陽光で発電した電力をプラグインハイブリッド車(PHV)や電気自動車(EV)に供給するソーラー充電ステーションを開発し、愛知県豊田市に採用されたと発表した。

今回開発した充電ステーションでは、太陽光発電システムと蓄電設備を備えており、太陽光で発電した電力を蓄電設備に蓄電し、太陽光発電と蓄電設備の電力を車両へ充電する。また、商用電力と連系する仕組みとなってい、蓄電設備の電力がなくなった場合には商用電力から車両に充電、天候や時間帯に関係なく安定的な充電が行える。

一方、発電した電力に余剰が生じた場合には設置建物内で利用するほか、電力会社へ売電を行う。また災害発生時には、太陽光発電と蓄電設備に蓄えられた電力を非常用電源としてAC100Vの電気機器に供給することも可能だという。

豊田市の市役所や駅前など市内11ヵ所に21基が設置される予定で、同市が導入する「プリウス・プラグインハイブリッド」20台とともに、2010年4月から本格的な運用を開始する。
posted by Carmode at 14:26 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。