carmode クルマ関連ニュースがリニューアルしました!
今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2009年08月29日

NEXCO西日本、速度抑制対策でETCレーン高速進入75%減少

NEXCO西日本・中国支社は、今年5月29日から実施したETCレーンの通過速度抑制対策の検証結果を発表した。

この通過速度抑制対策は、ETC開閉バーの開くタイミングを遅らせることで、ETCレーンを通過する車両の速度を抑制しようとするもの。今回の対策では、車両検知器の反応時間を約0.5秒から約1.0秒に遅延させた。

効果の検証は、対策導入前の5月1日から5月28日までの28日間と、導入後はユーザーの慣れも考慮して1カ月経過した7月1日から7月28日までの28日間を対比。この結果、対策前後でETCレーンへの高速進入車両(40km/h以上)が、14.9%から3.7%と約75%減少した。また、速度低下により、開閉バーへの接触率も約29%減少したという。
posted by Carmode at 12:49 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。