carmode クルマ関連ニュースがリニューアルしました!
今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2008年11月14日

日産、排ガス触媒の貴金属使用量を半減

日産自動車は14日、従来の約50%の貴金属の使用量で、クリーンな排出ガスを実現する「超低貴金属触媒」を世界で初めて実用化し、11月19日に発表する新型「キューブ」に採用すると発表した。

これまでの触媒では、走行を重ねるうちに、排ガスの熱によりプラチナなどの貴金属が凝集し、触媒の浄化処理性能が低下するという。そのため、劣化することを見込んで、あらかじめ貴金属の使用量を増やしていた。

今回開発した超低貴金属触媒では、貴金属のまわりに物理的な仕切りを設けることで、貴金属の凝集を抑制。新型キューブでは、床下触媒での貴金属総使用量を1.3gから0.65gと半減しながら、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」を達成した。

同触媒は横浜工場で生産。順次国内向けコンパクトカーに採用していくほか、コンパクトカー以外での採用や他業種への外販も検討していくという。
posted by Carmode at 17:20 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。