carmode クルマ関連ニュースがリニューアルしました!
今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2008年08月05日

日産、「全方位」で運転支援するシステムを公開

日産は5日、車線変更時の運転支援システム「サイドコリジョンプリベンション」、後退時における運転支援システム「バックアップコリジョンプリベンション」を世界で初めて開発したと発表した。

「サイドコリジョンプリベンション」では、車両後側方に設置したサイドセンサーで隣接レーンの車両を検知。隣接レーンに車両が存在するときに、ドライバーがレーンチェンジをしようとすると、表示と音でドライバーに警報するとともに、各輪のブレーキを個々に制御することで、隣接の車両に近づけないようドライバーの運転操作を支援する。

「バックアップコリジョンプリベンション」では、車両後部に設置したリヤセンサーとサイドセンサーで周囲の障害物を検知。駐車場をバックで出る時などに、障害物を検知すると、警報とともにブレーキを制御、障害物に近づけないようドライバーの運転操作を支援する。

日産では、この二つの運転支援システムと、すでに市販車に搭載済みの車間距離維持支援システム「ディスタンスコントロールアシスト」、車線維持支援システム「レーンデパーチャープリベンション」とあわせ、車両の全方位に対する運転支援システムとなるとし、これを搭載した試作車両を公開した。
posted by Carmode at 22:42 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。