carmode クルマ関連ニュースがリニューアルしました!
今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2010年04月08日

経産省、スマートグリッド実証実験を4地域で実施

経済産業省は8日、次世代送電網「スマートグリッド」の実証実験を神奈川県・横浜市、愛知県・豊田市、京都府・けいはんな学研都市、福岡県・北九州市の4地域で実施すると発表した。

同実証実験は、自治体と地元企業などが連携して実施。通信機能などを備えた電力計「スマートメーター」を住宅に設置するなどし、太陽光などで発電した電力をIT技術により有効利用するシステムを検証する。また、電気自動車なども導入し、低炭素交通システムを構築。住宅と自動車を連携させるなどし、電力使用の効率化を目指す。

自動車メーカーでは、横浜市で日産自動車が、豊田市でトヨタ自動車が参加する。
posted by Carmode at 14:45 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

光岡、北京モーターショーに初出展

光岡自動車は8日、4月23日から5月2日まで中国・北京で開催される「第11回北京国際モーターショー 2010」に初出展すると発表した。

光岡では中国市場を大手メーカーとの差別化が狙える市場と判断し、手作りを基本にした「希少性」や「デザイン性」を訴求してゆくべく初出展を決定。今回はあえてセダン車をはずし「高級スポーツカーメーカーブランド」として、「大蛇(オロチ)」「卑弥呼(ヒミコ)」「我流コンバーチブル(ガリューコンバーチブル)」の3車種を出展する。このほか、中国での生産も視野に入れているという。
posted by Carmode at 13:07 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富士重、新型の電動式塵芥収集車を発売

富士重工業は、廃棄物の積込みや排出作業を電動で行う塵芥収集車を開発し、4月12日から発売する。

同社ではこれまでも電動式塵芥収集車の開発・実用化してきたが、コストの面などの課題があった。今回発売する電動式塵芥収集車は、2次電池として広く普及し、次世代電池と比べてコストを抑えられる「シールドバッテリー」を採用。塵芥収集車として市場普及を期待できる価格を実現した。

このほか、バッテリー切れなどを考慮し、モーター駆動とエンジン駆動を任意で切り替えることができるパラレル駆動方式を採用。さらに家庭用コンセントからの充電を可能にするプラグイン方式とするなど、環境性能と利便性を高いレベルで両立させた。今回の電動式塵芥収集車については特許を出願中だという。
posted by Carmode at 11:55 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。