carmode クルマ関連ニュースがリニューアルしました!
今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2010年01月13日

ブリヂストンと住友ゴム、低燃費タイヤのグレーディング情報提供開始

ブリヂストンと住友ゴムは13日、日本自動車タイヤ協会が制定、運用を開始した業界自主基準「低燃費タイヤ等の普及促進に関する表示ガイドライン(ラベリング制度)」に基づき、自社の環境タイヤについてグレーディング(等級制度)情報の提供を開始すると発表した。

このラベリング制度は、タイヤの環境性能を表す転がり抵抗係数と、安全性能であるウェットグリップ性能について、ある一定値を満たすタイヤを低燃費タイヤとして定義づけするとともに、ユーザーに対し適切な情報提供を行うもの。ブリヂストンでは「ECOPIA EP100」と新商品「ECOPIA EX10」の2商品、住友ゴムはダンロップの「ENASAVE(エナセーブ)シリーズ」から情報提供を開始していく。なお、同制度には2社のほか、横浜ゴム、東洋ゴム工業、日本ミシュランタイヤが参画している。
posted by Carmode at 17:07 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三菱自、i-MiEVがオートベスト「エコベスト」受賞

三菱自動車は、欧州の新興国を中心とした自動車雑誌の編集員や自動車ジャーナリストで組織する「AUTOBEST(オートベスト)」が「ECOBEST(エコベスト)2009」として電気自動車「i-MiEV(アイ・ミーブ)」を選出したと発表した。

オートベストは、2000年にルーマニアで組織され、ロシア、ブルガリア、ウクライナなど欧州新興国15カ国から構成。オートベスト委員長のイリヤ・セリクター氏は今回の受賞について「世界の自動車メーカー各社が、環境対応車を積極的に投入している現在、三菱自動車は唯一、電気自動車を多くの顧客に提供しており、我々も誇りを持って『i-MiEV』に賞を与えた」とコメントした。

なお、表彰式は、2009年度のホスト国であるロシアのモスクワで2月11日に実施される。
posted by Carmode at 16:46 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マツダ、ハイブリッド水素車を岩谷産業に納車―北九州地区で使用

マツダは13日、ハイブリッドシステムを搭載し、水素を燃料として走行する水素ロータリーエンジン車「マツダ プレマシー ハイドロジェンREハイブリッド」を岩谷産業にリース販売し、納車した。

同車の累計リース販売台数は5台目、岩谷への納車は昨年5月に続き2台目となる。今回納車された車両は主に営業車として北九州水素ステーションを中心に使用される予定。水素ロータリーエンジン車の九州地方へのリース販売は今回が初めて。
posted by Carmode at 13:37 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

丸紅、チリ大学と電気自動車普及で協定締結

丸紅は12日、南米のチリ共和国のチリ大学と、同国の電気自動車普及に必要なインフラおよびテクノロジーの導入評価に関する協定書を現地事業会社を通じて締結したと発表した。

同社によると、チリは中南米地域の中で環境問題への取組みが最も進んでおり、また、電気自動車の製造に不可欠なリチウムおよび銅の生産量が世界シェアNo.1であることから、電気自動車の導入に対する政府の関心も極めて高いという。
posted by Carmode at 10:50 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。