carmode クルマ関連ニュースがリニューアルしました!
今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2009年11月24日

日産・ルノー、広州市などと電気自動車普及で協力

日産とルノーは22日、中国の広州市人民政府および東風汽車と、広州市において電気自動車(EV)普及で協力していくことで合意した。広州市でのインフラ開発や、EVを利用しやすくするための政府による優遇策、EVへの関心を高めるための市民への教育プログラムなどを検討していく。

日産では2010年度に日本、米国、欧州にEVを投入。中国には2011年初頭に導入する予定だという。
posted by Carmode at 23:08 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブリヂストン、再生タイヤ「エコ バリュー パック」でエコプロダクツ大賞

ブリヂストンは24日、同社が輸送事業者の環境経営、経費削減、安全マネジメントに貢献する新たな提案型ビジネスとして推進している「エコ バリュー パック」が、エコプロダクツ大賞推進協議会が主催する「第6回エコプロダクツ大賞」の「エコサービス部門 経済産業大臣賞」を受賞したと発表した。

この「エコ バリュー パック」は、これまでのタイヤ単品販売とは異なり、新品タイヤとリトレッド(再生)タイヤに、それらを最大限有効活用するためのタイヤメンテナンスを組み合わせ、顧客のタイヤのトータルライフ向上を目指した販売プラン。ブリヂストンでは、今回の受賞は「エコ バリュー パック」が輸送事業者への貢献のほか、省資源や省エネルギー、CO2排出量削減といった環境を重視する時代の新しいビジネスモデルとして評価されたとしている。
posted by Carmode at 23:01 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トヨタ、ハイブリッド専用車「SAI」が発表1カ月で1万4000台受注

トヨタ自動車は24日、10月20日に発表した新型ハイブリッド専用車「SAI」の累計受注台数が11月19日までの約1カ月で約1万4000台となったと発表した。月販目標台数3000台の約4.7倍と、12月7日の発売前に大変好調な立ち上がりとなっている。

トヨタでは主な好評点として「ハイブリッド専用の高級セダンであること」「コンパクトカーに相当する低燃費」「338万円からの魅力的な価格と、環境対応車普及促進税制による、約24〜28万円の減税」を挙げている。
posted by Carmode at 22:39 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スズキ、タイに小型車工場を建設

スズキは24日、タイに小型車を生産する工場を建設すると発表した。200億円を投資して、エンジン工場、プレス、溶接、塗装、組み立て工程を持つ工場を今月末から建設。1.3Lクラスの小型車を2012年3月から生産を開始する。生産台数は初年度は年間1万台で、5年目には10万台に引き上げる。

このほか、販売子会社のスズキ・オートモービル・タイランドで行ってきたタイでの四輪車販売を、現地の生産会社スズキ・オートモービル・マニュファクチャリング・タイランドに順次集約していくという。
posted by Carmode at 17:23 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プジョー・シトロエン、仏大使館旧庁舎でのアートイベントで207CCを展示

プジョー・シトロエン・ジャポンでは、在日フランス大使館旧庁舎で開催されるアートイベント「No Man's Land」に協賛し、アートペインティングを施した「プジョー207CC」を展示する。

このアートイベント「No Man's Land」は、東京・南麻布の在日フランス大使館が11月に敷地内に建設した新庁舎に移転したのを受け、解体が決定している旧庁舎の施設を活用して開催されるアートイベント。ウォールペインティングや、解体廃材を使用して創られるオブジェの展示など、自由な空間を創出する。

プジョー・シトロエン・ジャポンでは、アーティストのアガット・ド・バイヤンクール氏とコラボ。プジョー207CCに同氏によるアートペインティングを施し、旧庁舎パーキングスペース全体をアート空間と捉え、展示する。また、旧庁舎内の事務室2部屋を活用し、プジョーとシトロエンの歴史や製品に関する展示などを行う。
posted by Carmode at 17:08 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マツダ、i-stop搭載のアクセラとビアンテが第6回エコプロダクツ大賞を受賞

マツダは24日、同社独自のアイドリングストップ機構『i-stop(アイ・ストップ)』を搭載した「マツダ アクセラ」と「マツダ ビアンテ」が、エコプロダクツ大賞推進協議会主催の第6回エコプロダクツ大賞で、大賞の「エコプロダクツ部門 国土交通大臣賞」を受賞したと発表した。

同大賞は、環境負荷の低減に配慮した優れた製品・サービスを表彰するもので、2004年に創設。今回のマツダの受賞は、独自の技術でドライバーに違和感のないスムーズなアイドリングストップ機構を開発し、エコドライブを機能面から推進していく先駆的な車両とした点が評価されたという。
posted by Carmode at 14:05 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。