carmode クルマ関連ニュースがリニューアルしました!
今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2009年09月19日

インディジャパン、ディクソンが優勝─武藤14位

インディカー・シリーズ今季第16戦となるインディジャパン300マイルは19日、栃木県のツインリンクもてぎのオーバルコース「スーパースピードウェイ」(1周1.5マイル=約2.4km)で決勝を行い、ポールポジションからスタートしたスコット・ディクソンが今季5勝目、通算21勝目を挙げた。

2位はダリオ・フランキッティ。3位はグレアム・レイホール。日本勢ではフル参戦の武藤英紀が14位。このほか、スポット参戦の松浦孝亮が17位、ロジャー安川が20位。また昨年の同大会の覇者、ダニカ・パトリックは6位だった。
posted by Carmode at 19:07 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィアット、FIAT500のエコ・モデルをイタリア展で日本初披露

フィアット・グループ・オートモービルズ・ジャパンは、9月24日から10月17日まで東京・お台場の日本科学未来館で開催される展示会「ZIGZAG 伝統革新未来を走るイタリア」に「FIAT500」の低燃費・低CO2排出モデル「FIAT500 PUR-O2」を出展する。

この「ZIGZAG 伝統革新未来を走るイタリア」は、「日本におけるイタリア2009・秋」のプログラムの一環として開催されるもので、自動車をはじめ、オートバイ、自転車、鉄道、船舶から航空宇宙にいたるまで、さまざまな分野のイタリア企業によるサステナブル・モビリティを目指した最先端の取り組みの実態や、イタリアを代表する革新的な技術、製品などを紹介する。

フィアットが今回出展するFIAT500 PUR-O2は、2008年10月のパリモーターショーで発表した低燃費・低CO2排出モデル・シリーズの一台で、1.2Lのガソリンエンジン搭載車をベースに「Start & Stop」と呼ぶアイドリングストップのシステムを搭載。通常モデルに比べ、燃料消費量が約12%低減されるうえ、CO2の排出量も113g/kmという数値を実現している。

このほか同展示会には、他のイタリア企業によるFIAT500ベースの電気自動車の出展も予定されているという。
posted by Carmode at 13:59 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新日石など、北九州市に水素ステーションをオープン

新日本石油は18日、福岡県・岩谷産業・新日本製鐵と共同で福岡県北九州市に「北九州水素ステーション」をオープンしたと発表した。

この北九州水素ステーションは、福岡県などが進める「福岡水素戦略(Hy-Lifeプロジェクト)」の一環。福岡市の「九州大学水素ステーション」と結び、「水素ハイウェイ」 として、燃料電池自動車や水素エンジン車の実証走行を目指す。

また同ステーションは、隣接する新日本製鐵八幡製鐵所から発生する副生水素をパイプラインで水素ステーションに供給し、高圧化して燃料電池自動車などに充填するもので、日本初の取り組みだという。新日石はステーションの運営を担当する。
posted by Carmode at 12:51 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。