carmode クルマ関連ニュースがリニューアルしました!
今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2009年09月10日

三菱自、「i-MiEV」の10年度分購入希望が1ケ月で900台

三菱自動車は10日、電気自動車「i-MiEV」の2010年度の購入希望台数が8月31日時点で約900台となったと発表した。

i-MiEVは7月23日から自治体や法人を中心にデリバリーを開始。すでに2009年度予定分である約1400台の全数を受注している。個人向けには来年4月から販売を開始する予定で、今年7月31日から全国の販売会社で受け付けている。

現在までに購入希望している個人顧客は、幅広い世代の複数台保有している人が多く、三菱ではi-MiEVをセカンドカーとして、買い物や通勤、身近なレジャーなど幅広い用途での活用を想定している。また、環境への関心や電気自動車の話題性・先進性に加え、「自宅で充電できるから」という利便性や「燃費や維持費の安さ」などの経済性も主な購入希望理由となっているという。
posted by Carmode at 20:45 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日産、「カー・デザインの歴史」展に特別協力─10月平塚市美術館で開催

日産自動車は、10月3日から11月29日まで神奈川県の平塚市美術館で開催される展覧会「カー・デザインの歴史 −NISSAN 情熱と機能の美−」に特別協力する。

同展覧会は、日本のカー・デザインの歴史を日産の事例をもとにひも解くとともに、これからの自動車デザインの展望についても紹介する。スケッチを描く技法の変遷、クレイモデルやスケールモデルを作るプロセスの変遷を当時のスケッチや写真、工具などの展示を通して解説。また、中型セダン、スポーツセダン、スポーツカーなど、ジャンル別のデザインの変遷もブルーバード、フェアレディ、スカイラインなどの日産車の事例を通して紹介する。今回のような展覧会が公立美術館で開催されるのは、国内で初だという。

「ダットサン113型(1955年)」「サニーB10型(1966年)」「スカイラインC10型(1968年)」「初代フェアレディZ S30型(1969年)」など、日産のデザイン史上、重要な役割を果たした実車6台を展示。自動車デザインの新しい可能性として、2005年と2007年の東京モーターショーに出展したコンセプトカー「PIVO」「PIVO2」の展示も行う。
posted by Carmode at 20:20 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レクサス、フランクフルトショーに5ドアのハイブリッドコンセプトを出展

レクサスは、9月15日から27日までドイツ・フランクフルトで開催される「第63回フランクフルト国際モーターショー」にコンセプトカー「LF-Ch」を出展すると発表した。

LF-Chは、ハイブリッドシステム搭載の5ドアのプレミアムコンパクト2BOX。"レクサス・ハイブリッド・ドライブ"により「走行性能」「静粛性」「低燃費とCO2の削減」「低エミッション」を高次元で追求。レクサスのデザインフィロソフィー「L-finesse」を具現化したエクステリアならびにインテリアデザインとしている。
posted by Carmode at 19:57 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カーメイト、独ケルンの子供用品見本市にチャイルドシートを出展

カーメイトは、9月17日から20日までドイツのケルン・メッセ会場で開催されるベビー・ヤング用品見本市「2009 Kind + Jugend -The Trade Show Kids' First Years-」にチャイルドシートブランド「AILEBEBE(エールベベ)」を出展すると発表した。

同見本市にはヨーロッパ安全基準の新製品を展示。回転式チャイルドシート「エールベベ・クルットNT」と、1才からのチャイルドシート「エールベベ・グローバ」の2製品をメインに出展するほか、妊婦用クッションなどを展示する。欧州市場でのニーズ把握や新規顧客開拓などを目指す。
posted by Carmode at 19:14 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホンダ、家庭用ガスボンベで今度は発電機―来春発売

ホンダは10日、家庭用カセットガス燃料で手軽に扱えるハンディタイプのガスパワー発電機「エネポ(ENEPO)」を来春発売すると発表した。

このガスパワー発電機「エネポ」は、定格出力900VAの正弦波インバーター搭載発電機で、アウトドアでいつでも手軽に電気が取り出せる「どこでもコンセント」が商品コンセプト。燃料には、手軽に購入でき、取り扱いが簡単な家庭用カセットガス燃料を利用する。

ホンダでは今年3月に同様にカセットガスで動く耕うん機「ピアンタ」を発売。一般家庭を中心に野菜作りやガーデニング愛好家の支持を得てすでに年間販売計画台数の6000台を販売。今回の「エネポ」も、主にレジャーなどのパーソナルユースや、停電時などのバックアップ電源用として一般家庭向けの普及を目指していくという。
posted by Carmode at 18:54 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニッポンレンタカー、スバルの電気自動車をレンタル開始―9月19日から

ニッポンレンタカーサービスは、横浜駅東口営業所に富士重工業の電気自動車「スバル プラグイン ステラ」を配備し、9月19日からエコカー専用クラス「エコクラス」でレンタルサービスを開始すると発表した。

今回のレンタルは、神奈川県の「EVシェアリングモデル事業」を契機に、試行的に実施するもので、平日は公用利用として神奈川県と同県内市町村に貸し出しを行い、一般ユーザーには土日祝日に貸し出しを行う。

9月11日8時から予約受付を開始。料金は5250円で、当面は体験試乗を目的としたレンタルサービスとして、午前の部、午後の部各3時間まで利用できる。
posted by Carmode at 16:59 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トヨタ、フランクフルトショーにPHVのコンセプトモデルを出展

トヨタ自動車は、9月15日から27日まで開催される「フランクフルト国際モーターショー」に、3代目プリウスをベースにリチウムイオン電池を搭載したプラグインハイブリッド車(PHV)のコンセプトモデル「PRIUS PLUG-IN HYBRID Concept」を出展すると発表した。

PHVは家庭用電源などからの外部充電が可能で、近距離走行時は電気自動車として走行、中長距離走行時にはこれまでのハイブリッド車HVと同様に走行できるため、充電インフラの整備状況にかかわらず使用できる。今回トヨタが出展するコンセプトモデルではフル充電時の電気のみでの走行距離約20km、二酸化炭素排出量60g未満を目標としている。

トヨタでは、今年末からPHVを日米欧のフリートユーザーを中心に合計500台程度を順次投入する計画を明らかにしている。
posted by Carmode at 14:40 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トヨタやダイムラーなど8社、燃料電池車普及で共同声明

トヨタ自動車やホンダ、日産・ルノー、ダイムラー、ゼネラル・モーターズなど世界の自動車メーカー8社は9日、燃料電池車の普及に関する共同声明を発表した。

声明では2015年以降には燃料電池車を量産できるとの見通しを示したうえで、それまでに水素スタンドなどのインフラを整備する必要があるとし、業界として整備計画を支援することを表明した。
posted by Carmode at 14:12 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。