carmode クルマ関連ニュースがリニューアルしました!
今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2009年08月08日

エコカー購入、エコロジーよりもエコノミー?―ソニー損保調査

ソニー損保は、ハイブリッドカーや電気自動車などのエコカーについての消費者の意識を調査した「エコカーに関する調査」を6日発表した。これによると、低燃費の良さにより「ガソリン車との購入価格差を回収できなければエコカーを購入しない」とした人が全体の57.6%を占め、環境への関心が高い一方、コストを重視する姿勢が明らかになった。

同調査は、今年7月22日から7月23日の2日間、20代から50代の「自家用車を保有し、エコカーに関心がある」男女に対し、インターネットで実施し、1000名の有効回答を得たもの。この結果、「ガソリン車からエコカーに買替えることは環境に良いことだと思う」について、あてはまるとした回答者が全体の88.4%を占めた一方、「コストがかかっても、従来の車よりも環境に良いエコカーを選びたい」とした人は26.6%にとどまった。

さらに「『低燃費の経済性』によって、ガソリン車との購入価格差を回収できなければエコカーを購入しない」とした人は57.6%にのぼり、エコカーとガソリン車との価格差についての調査では、「20万円以上なら買わない」が22.5%で1位となった。「価格差に関わらず買う」はわずか2.6%。「30万円以上高かったら買わない」から「100万円以上高かったら買わない」までを合わせると54.6%となった。

ソニー損保では、今回の調査により、エコカーは"環境には良い"というイメージが持たれているものの、エコカー購入時は、エコロジー(環境)よりエコノミー(経済性)を重視する人が半数を超えることが判明、エコカーの普及には、ガソリン車との価格差が20〜30万円未満となることがひとつのポイントになるとしている。
posted by Carmode at 13:51 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マツダ、スタジアム来場者100万人で福祉車両を寄贈

マツダは7日、「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島」の累計来場者数が8月1日に100万人を達成したことを受けて、福祉車両を社会福祉団体に寄贈すると発表した。

今回の寄贈は、マツダが広島市民球場の命名権応募の際に、社会貢献活動の一部として、来場者数100万人の節目ごとに、福祉車両を社会福祉団体に1台贈呈することを広島市に提案し、採用されていることに基づくものだという。

今後9月中旬までに広島市社会福祉協議会が寄贈先を選定。寄贈先のニーズに応じてマツダの福祉車両の中から車種を決定する。また、9月末日に同スタジアムで行われるプロ野球公式戦の試合開始前に、球場で車両の贈呈を行う予定となっている。
posted by Carmode at 11:43 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。