carmode クルマ関連ニュースがリニューアルしました!
今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2009年04月14日

富士重、電気自動車のプロトタイプを環境省に15台提供

富士重工業は14日、今年夏から市場導入を予定している電気自動車「スバル・プラグイン・ステラ」のプロトタイプを開発、環境省に15台を提供すると発表した。

今回のプロトタイプは、これまで発表されていたコンセプトモデルと比べ、モーターの出力を40kWから47kWにアップするなどした。環境省に提供される15台はカーシェアリング形態で運用。必要な通信装置などを備えたのち、神奈川県に4台、愛知県に3台、大阪府に3台、兵庫県に3台、横浜市に1台、郵便事業株式会社に1台、それぞれ今年6月まで貸与されるという。
posted by Carmode at 20:42 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トヨタ、蓄電機能を備えた家庭向けエネルギー・システムを開発へ

トヨタ自動車とトヨタホームは14日、「蓄電機能を備えたホーム・エネルギー・マネジメント・システム(HEMS)」の本格開発に着手し、2011年に「トヨタホーム」での実用化を目指すと発表した。

今回2社が開発を進めるHEMSは、電力を蓄える「蓄電」の機能を持たせる点が特徴で、比較的安価でCO2排出量が少ない夜間電力を貯めて昼間に利用したり、太陽光発電を蓄電して使えるようにすることで、電力マネジメントおよび省エネ意識を喚起し、光熱費低減と環境負荷低減を図ることが可能になるという。

トヨタ自動車が開発主体となり、トヨタホームが商品企画面を担当する。プラグインハイブリッド車や電気自動車などとの連携も視野に入れているという。
posted by Carmode at 20:25 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本ユニシス、EV充電スタンド事業参入へ

日本ユニシスは14日、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(pHV)の「充電インフラ」向けのシステムを提供すると発表した。青森県で今年度実施されるモデル事業に同システムを提供し、実証実験を行う。

同社では、情報通信技術によってネットワーク化された充電インフラを構築するシステムを開発。携帯網やPHS網、無線LANなどの無線通信技術を活用し、利用者認証やサービス管理などを行う。利用者はICカードをかざすことで充電スタンドを利用できるほか、ネットワークを通じて、スタンドの空き状況や位置情報を入手することができるという。
posted by Carmode at 17:04 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。