carmode クルマ関連ニュースがリニューアルしました!
今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2009年03月16日

トヨタ、09年のモータースポーツ活動を発表

トヨタ自動車は16日、2009年のモータースポーツ活動および支援計画を発表した。

今年で参戦8年目となるF1世界選手権では、レギュレーション変更に伴い、拡幅されたフロントウィングなどの外見上の特徴を持つ新型F1カー「TF109」を投入。ドライバーは昨年に続き、ヤルノ・トゥルーリとティモ・グロックが努める。サードドライバーは、小林可夢偉がGP2に参戦しながら担当する。

SUPER GTでは、GT500クラスに5チーム5台体制のレクサスブランドで参戦。「レクサスSC430」でタイトル奪還に挑む。またフォーミュラ・ニッポンではトヨタエンジン搭載車として4連覇を狙う。このほか、米国のNASCARに引き続き「トヨタ・カムリ」で参戦するなどする。

また、トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラムによる若手ドライバーの育成や、環境に配慮したモータースポーツの推進、モータースポーツ用ハイブリッドシステムの開発などを行っていく。

トヨタでは、大変厳しい経営環境の下、大幅なコスト低減を図りながら、モータースポーツを推進していくとしている。
posted by Carmode at 17:39 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マツダ、尿素SCRシステムを乗用車に搭載

マツダは16日、日本メーカーとして初めて乗用車用に小型化した尿素SCR(Selective Catalytic Reduction=選択触媒還元方式)システムの開発に成功し、2009年後半から欧州市場で発売予定の「Mazda CX-7」ディーゼルエンジン車に搭載すると発表した。

ディーゼルエンジンでは、二酸化炭素(CO2)の排出が少ない反面、排気ガスに含まれる窒素酸化物(NOx)を低減する技術が必要。尿素SCRシステムでは、化粧水やハンドクリームなどにも使用されている尿素水を排気ガス中に噴射、化学反応によってNOxを浄化する。NOxの処理に軽油を使用するのに比べ、燃費や出力の悪化を避けることができるが、尿素水を貯めておくタンクや専用の装置が必要なため、従来はトラックやバスなどの大型車での採用が主だった。

今回マツダでは、エンジンから排出される元のNOxの量を削減。これにより、NOxを処理するのに必要な尿素水の量を削減できたため、システム全体の小型化に成功。乗用車への尿素SCRシステムの搭載を可能にした。
posted by Carmode at 15:43 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WRCキプロス・ラリー、ローブが開幕3連勝―ペターは3位

世界ラリー選手権(WRC)第3戦キプロス・ラリーは15日、競技最終日となるデイ3を行い、シトロエンのセバスチャン・ローブが4時間50分34秒7のタイムで優勝した。ローブはこれで今季開幕3連勝、WRC通算50勝目。

2位はフォードのミッコ・ヒルボネン。3位には、元スバルで今季は個人参戦のペター・ソルベルグ(シトロエン・クサラWRC)が入った。

併催のプロダクション世界ラリー選手権(PWRC)第2戦は、パトリック・サンデル(シュコダ・ファビアS2000)が開幕2連勝。新井敏弘(スバル・インプレッサ)は4位。

ジュニア世界ラリー選手権(JWRC)第2戦ではマルティン・プロコップ(シトロエンC2 S1600)が優勝した。
posted by Carmode at 13:02 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。