carmode クルマ関連ニュースがリニューアルしました!
今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2010年06月01日

JFEエンジ、3分で50%充電できるEV超急速充電器を開発

JFEエンジニアリングは1日、電気自動車(EV)を3分で50%充電できる「超急速充電器」の技術開発に成功したと発表した。

EVを電池容量の80%まで充電する場合、現状では急速充電器を使用しても30分程度かかるなど、充電時間の長さがEV普及のネックの一つとなっていた。これに対し、JFEエンジニアリングでは、ユーザーに受け入れられる充電時間をガソリンスタンドでの給油やコンビニエンスストアでの簡単な買い物に要する3分と考え、開発を進め、3分でEVの電池容量の50%を、また5分で70%を充電できる「超急速充電器」の開発に成功した。充電器に内蔵した電池に夜間に電力を蓄えた上、その電力を別の特殊な電池で吸上げ、EVに一気に放出することで3分という短時間での充電を可能にしたという。

同社では、同日付で商品化・事業化を推進する新組織を発足。実証実験の後、今年度中の市場投入を目指すとしている。
posted by Carmode at 20:29 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月の軽新車販売、12.4%増で5カ月連続プラス

全国軽自動車協会連合会が1日発表した5月の軽自動車新車販売台数は、前年同月比12.4%増の12万7634台と、5カ月連続のプラスとなった。

車種別では、乗用車が同10.0%増の9万3488台、貨物車が同19.6%増の3万4146台。また主要2社では、スズキが同9.4%増の43391台、ダイハツが同5.9%増の4万3580台と、ダイハツが2カ月ぶりに首位に返り咲いた。
posted by Carmode at 17:38 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月の登録車販売、28%増で10カ月連続プラス

日本自動車販売協会連合会が1日発表した5月の登録車新車販売台数は、前年同月比28.0%増の22万8514台と、10カ月連続で前年同月を上回るとともに、金融危機前の2008年5月の22万1377台を上回った。

車種別では、乗用車が同29.9%増の20万7272台(このうち普通車は同47.0%増の10万1891台、小型車は同16.7%増の10万5381台)、貨物車が同12.3%増の2万633台、バスが同16.4%増の609台。

またブランド別では、トヨタ(レクサス除く)が同39.3%増の11万2174台、日産が同9.1%増の3万3406台、ホンダが同15.7%増の3万2524台などとなっている。
posted by Carmode at 17:19 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オリックス・阪急阪神、鉄道・バスとカーシェアがICカード1枚で利用可能

オリックス自動車と阪急阪神カードでは、それぞれが展開するカーシェアリング事業とカード事業で業務提携し、6月1日から「STACIA PiTaPa(スタシアピタパ)」カードがオリックス自動車のカーシェアリング車両の「鍵」として利用できるようになった。

「スタシアピタパ」カードは、鉄道、バスなど近畿圏での主な公共交通機関への乗車のほか、阪急百貨店・阪神百貨店など阪急阪神グループのさまざまな施設で決済手段として利用できるカードで、公共交通で利用可能な交通系ICカードが、広域で展開されているカーシェアリング拠点で利用できるようになるのは近畿圏では初めて。
このほか、スタシア・カード会員がオリックスのカーシェアリングに入会する際、利用登録手数料5250円が半額になるなどのキャンペーンを実施する。
posted by Carmode at 16:04 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オーテック、欧州市場向けに福祉車両用ユニットを供給

日産自動車の関連会社で特装車両事業などを手がけるオーテックジャパンは5月31日、欧州市場向けに福祉車両用ユニットの供給を開始したと発表した。

今回供給を開始したユニットは、ルノーの小型車「クリオ」に採用された助手席回転シートユニットで、日本国内で販売しているものをベースに新たにルノーテックと共同で企画・開発した。欧州市場でメーカーオプションとして販売。すでに発売しているフランス以外にも、6月からドイツ、スペイン、イタリア、ベルギー、スイスで販売を開始する。なお、同社による欧州市場への福祉車両用ユニットの供給は今回が初めて。
posted by Carmode at 13:48 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

古河電気、車載レーダーの工事設計認証を取得

古河電気工業は31日、同社が開発した準ミリ波帯(26GHz帯)「車載UWB(Ultra Wide Band)レーダー」の工事設計認証を取得したと発表した。

自動ブレーキシステムなどの先進的安全装備には障害物を検出するセンサーが必要で、超音波センサー、カメラ、ミリ波レーダーなどが実用化されている。今回、古河電気が工事設計認証を取得した車載UWBレーダーは昨年10月に開発したもので、小型で耐久性が高く、高精度・広水平視野角の物体検出が可能となっている。これまでは無線実験試験局免許を取得し限られた範囲内でしかデータ取得ができなかったが、今回の認証取得で特別な無線免許を申請せずに利用できるようになった。今後は実用化に向けて自動車メーカーへの提案活動を積極化する。
posted by Carmode at 23:07 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市光工業、フィコサと自動車用ミラー事業で提携へ

市光工業は31日、スペインに本社を置く自動車システム・部品メーカーであるフィコサと自動車用ミラー事業で提携すると発表した。

今年6月末までに提携合意書を締結する予定で、フィコサが米国での市光工業の製造販売事業を受け継ぐほか、北米、南米、南アフリカ、アジアの世界市場において営業や購買、設計開発、生産技術などでコスト構造の改善、業務の効率化を進める。
posted by Carmode at 22:50 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住友ゴム、国内市販用タイヤ販売再編の第2段階を実施

住友ゴム工業は31日、7月1日付で国内市販用タイヤ販売会社を11社体制とすると発表した。

同社では、昨年10月に国内市販用タイヤ販売体制再編を発表。その第1段階として、今年1月1日付で北陸・中国・九州の3地区6社を3社に統合。今回、第2段階として東北・関東・首都圏・近畿地区の4地区12社を4社に統合し、北海道などと合わせ全国で11社体制とする。
posted by Carmode at 21:10 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東洋ゴム、口蹄疫被害で宮崎県都農町に義援金

東洋ゴム工業は28日、宮崎県内の口蹄疫被害に対する地域支援として、宮崎県児湯郡都農町に義援金500万円を寄付した。

同社は1975年に国内タイヤメーカー初のタイヤ試験場を同町に設立しており、今回、同町が口蹄疫被害地域の中心であることから義援金の寄付を決めた。
posted by Carmode at 19:43 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オートバックスセブン、広告子会社を吸収合併

オートバックスセブンは31日、主に同社グループを対象とした広告代理店として販売促進の企画、制作業務を行う100%子会社、ブレーニングを吸収合併すると発表した。各販促施策の企画から店舗展開まで一貫した体制とすることで、業務の効率化と販促機能の強化を図るほか、重複業務を解消する。合併期日は8月1日。
posted by Carmode at 19:06 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。